自民 下村憲法改正推進本部長 野党側の憲法審対応を批判

自民 下村憲法改正推進本部長 野党側の憲法審対応を批判
衆議院憲法審査会で、16日、国民投票法の改正案の審議が見送られたことについて、自民党の下村憲法改正推進本部長は「議論もしない人を国会に送ることが、本当に、この国にとって必要なのか」と述べ、野党側の対応を批判しました。
16日開かれた衆議院憲法審査会では、新しい幹事の選任が行われた一方、与党側が目指していた国民投票法の改正案の審議と採決は、野党側と折り合わず見送られました。

これについて、自民党の下村憲法改正推進本部長は、福島市で講演し「残念ながら、きょうも議論されなかった。国会は議論するところであり、議論することで憲法の何が問題で、どう変える必要があるのかが国民にも分かる」と述べました。

そのうえで「議論もしない人を国会に送ることが、本当にこの国にとって必要なのか。参議院選挙でも問われるのではないか」と述べ、野党側の対応を批判しました。