首相 ロシア上院副議長と会談 「首脳会談重ね平和条約締結を」

首相 ロシア上院副議長と会談 「首脳会談重ね平和条約締結を」
安倍総理大臣は、日本を訪れているロシアの上院副議長と会談し、引き続きプーチン大統領との間で首脳会談を重ね、平和条約交渉の前進を目指す考えを示しました。
自民党とロシアの与党「統一ロシア」による政党間交流で、日本を訪れているトゥルチャク上院副議長は16日、安倍総理大臣を表敬訪問しました。

この中で、トゥルチャク氏は「首脳間の関係が順調なので、政党間の交流も進められる。今後の展望も明るい」と述べました。

これに対し、安倍総理大臣は「両党の間の交流とともに、トップどうしの交流が大事だ。平和条約の締結を目指して取り組んでいきたい」と述べ、引き続きプーチン大統領との間で首脳会談を重ね、平和条約交渉の前進を目指す考えを示しました。

会談で、北方四島の「ビザなし交流」に参加した丸山穂高衆議院議員が、元島民に戦争で島を取り返すことの是非などを質問したことは話題に上らなかったということです。