自民 下村元文科相 丸山議員辞職勧告案は慎重検討必要

自民 下村元文科相 丸山議員辞職勧告案は慎重検討必要
丸山穂高衆議院議員に対する議員辞職勧告決議案の取り扱いについて、自民党の下村元文部科学大臣は、慎重に検討する必要があるという認識を示しました。
下村元文部科学大臣は記者団に対し、北方四島を戦争で取り返すことの是非などに言及し、日本維新の会を除名になった丸山穂高衆議院議員に対する議員辞職勧告決議案の取り扱いをめぐって「議員辞職は国会議員にとって重いことだ」と述べました。

そのうえで「短絡的に『けしからんから、すぐ辞職だ』となるより、まずは日本維新の会が主体的にどう動くかを見ながら、自民党も考えていく必要がある」と述べ、慎重に検討する必要があるという認識を示しました。

一方、茂木経済再生担当大臣は、竹下派の会合で「丸山議員の発言は極めて不適切だ。われわれも今後、より緊張感を持って臨んでいきたい」と述べました。