自民 下村憲法改正推進本部長「憲法改正に言及 重要」

自民 下村憲法改正推進本部長「憲法改正に言及 重要」
夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」について、自民党の下村憲法改正推進本部長は、党内で憲法改正を争点に行うべきだという意見が増えていると指摘しました。
安倍総理大臣の出身派閥である自民党細田派の事務総長を務める下村憲法改正推進本部長は記者団に対し、夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」について、党内で憲法改正を争点に行うべきだという意見が増えていると指摘しました。

また、「最近は『野党側が内閣不信任決議案を提出するなら、受けて立つべきだ』と言う人も出てきている」と述べました。

一方、下村氏は、安倍総理大臣が参議院選挙を見据え、党の憲法改正案を国民に訴えていくべきだという考えを示したことを踏まえ、派閥ごとに、憲法改正について議論する勉強会を始めるよう呼びかけたことを明らかにしました。

そのうえで「参議院選挙で、すべての自民党の国会議員が憲法改正に言及することが重要だ」と述べました。