ドジャース 前田 投打で活躍 5勝目

ドジャース 前田 投打で活躍 5勝目
大リーグ、ドジャースの前田健太投手が15日、パドレス戦に先発登板し、7回途中まで投げ12個の三振を奪って5勝目をあげました。みずから決勝タイムリーも打ち、投打で活躍しました。
前田投手は15日、本拠地のロサンゼルスで行われたパドレス戦で今シーズン9試合目の先発マウンドに上がりました。

立ち上がりからコントロール、変化球の切れとも上々で、2回から4回にかけてはスライダーとチェンジアップを決め球に6者連続で空振り三振にしとめました。

7回は1アウトからヒットを打たれましたが、続くバッターから12個目の三振を奪ったところで勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りました。

前田投手は、打撃でも2回2アウト二塁三塁でライトに先制の2点タイムリーヒットを打ち、これが決勝点になりました。

試合はドジャースが2対0で勝ち、前田投手は投打にわたる活躍で今シーズン5勝目をあげました。

この試合、6回と3分の2を投げ、ヒット3本、奪った三振はすべて空振りで今シーズン自己最多の12個、フォアボールなしの無失点で、前田投手は連続無失点イニングを14回と3分の2に伸ばしました。