佐世保基地の日本人警備員 指示受け実弾入り拳銃持ち公道に

佐世保基地の日本人警備員 指示受け実弾入り拳銃持ち公道に
k10011918211_201905161613_201905161614.mp4
長崎県佐世保市にあるアメリカ海軍佐世保基地の日本人の警備員が、基地からの指示を受け、実弾が入った拳銃を持ったまま公道に出ていたことがわかりました。防衛省は、日米地位協定に違反するとして、アメリカ軍側にたびたび持ち出しの中止を求めたものの、続けられていたということで「誠に遺憾だ」としています。
アメリカ軍基地で働く日本人従業員などでつくる全駐労=全駐留軍労働組合長崎地区本部によりますと、今月2日から9日にかけて佐世保基地で働く日本人警備員延べ20人ほどが基地の警備隊からの指示を受け、道路を挟んだ別の施設に移動するため、実弾が入った拳銃を持ったまま公道を10数メートル歩いたということです。

防衛省によりますと、日米地位協定では日本人従業員がアメリカ軍施設の外に銃を持ち出すことは認められておらず、銃刀法違反の疑いがあるということです。

防衛省は在日アメリカ軍司令部に対し、3回にわたって口頭で、今月8日には文書で、銃の持ち出しの中止と再発防止を求めたものの続けられ、10日になってアメリカ軍人が一度拳銃を預かり、一緒に車で移動するという従来の運用に戻ったということです。

防衛省は「再三にわたる中止の要請に応じなかったことは誠に遺憾だ」とコメントしています。

また、全駐労長崎地区本部は「現場の警備員は反対したが指示に従うしかなかった。明らかな日米地位協定違反で、銃刀法違反にも問われるおそれもある」と話しています。

在日米軍司令部広報「誤解が原因」

在日アメリカ軍司令部のジョン・ハチソン広報部長は「公道上で日本人の警備員に銃を携行させないことは日本政府とアメリカ政府の間では相互に合意していたが、現場の運用の段階で誤解が生じたことが原因で起きた。しかし、この誤解はすでに正され、正しい手順で行うことにした」とコメントしています。