自民 甘利氏“首相は憲法争点のダブル選考えていない”

自民 甘利氏“首相は憲法争点のダブル選考えていない”
自民党の甘利選挙対策委員長は、党内で、夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」を行う場合には憲法改正を争点にすべきだという意見もあるものの、「安倍総理大臣が現時点で同調しているとは思えない」と述べました。
自民党の甘利選挙対策委員長は記者団に対し、夏の参議院選挙について「6年前の選挙は圧倒的な追い風だった」と指摘し、改選議席を維持するのは難しいという認識を示し、自民・公明両党で安定多数の議席の確保を目指す考えを強調しました。

また、党内で、参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」を行う場合には憲法改正を争点にすべきだという意見もあることについて、「そういう考えの人が党内にいることはよく承知しているが、安倍総理大臣が現時点で同調しているとは思えない」と述べました。

また、公明党の北側副代表も記者会見で、「極めて一部の意見ではないか。国民から見て、まだまだ憲法改正の機運は盛り上がっていない。しっかりと国会で論議を積み重ねていくことが大事だ」と指摘しました。