消費税引き上げに伴うポイント還元 参加店舗の募集開始

消費税引き上げに伴うポイント還元 参加店舗の募集開始
消費税率の引き上げに伴い、国が導入するポイント還元制度。経済産業省は、この制度に参加する店舗の募集を16日から始めました。
ポイント還元制度は、消費税率の引き上げによって景気が落ち込まないよう導入されるものです。

税率が10%に引き上げられる、ことし10月から9か月間、中小の店舗でキャッシュレス決済で支払うと、その後の支払いに使えるポイントが国の補助金によって還元されます。

この制度について、経済産業省は店舗の募集を16日から始めると発表しました。

この制度に参加する方針を示しているのは、コンビニ大手の「セブン‐イレブン」、「ファミリーマート」、「ローソン」のほか、飲食チェーンの「吉野家」などです。

対象となるのはフランチャイズ店で、大手企業の直営店は国の補助の対象外ですが、各社、直営店分も自社で負担して、すべての店で使えるようにする方針です。