首相 イラン外相と会談 核合意の履行継続に期待示す

首相 イラン外相と会談 核合意の履行継続に期待示す
安倍総理大臣は、イラン情勢の緊張が高まる中、急きょ来日したザリーフ外相と会談し、核合意の履行継続に期待を示したうえで、日本とイランの伝統的な友好関係を維持・発展させていくことを確認しました。
イラン情勢をめぐっては、アメリカが原子力空母と爆撃機の部隊を中東地域に派遣するなど、けん制を強める一方、イランは対抗措置として、核合意の一部の義務に従わないと表明するなど、緊張が高まっています。

こうした中、安倍総理大臣は16日午前11時半ごろから総理大臣官邸で、15日夜、急きょ来日したイランのザリーフ外相と会談しました。

会談の冒頭、安倍総理大臣は、「中東情勢をめぐる状況が大変緊迫化していることを懸念している。安定化に向けて率直な意見交換を行いたい。日本とイランは伝統的に友好関係にあり、その関係を維持・発展させていきたい」と述べました。

これに対し、ザリーフ外相は「わが国は日本とは重要なパートナーとしてよい関係にあり、それは極めて重要だ。だからこそ、現在の緊迫した状況下で、安倍総理大臣とさまざまな意見交換が必要だ」と応じました。

また、安倍総理大臣が核合意の履行継続に期待を示したのに対し、ザリーフ外相は、イランの対抗措置は核合意の範囲を超えるものではないと説明しました。そして、日本とイランの伝統的な友好関係を維持・発展させていくことを確認しました。