燃料タンクが火災 住民避難で一時騒然 けが人なし 徳島市

燃料タンクが火災 住民避難で一時騒然 けが人なし 徳島市
k10011917851_201905161502_201905161503.mp4
徳島市で16日朝、石油やガソリンなどを貯蔵する施設でタンク1基が燃える火災があり、けが人はいませんでしたが、警察が周辺の住民に避難を呼びかけるなど現場は一時、騒然となりました。
16日午前7時40分ごろ、徳島市末広1丁目にある石油やガソリンを貯蔵する施設「徳島石油末広油槽所」で、「タンクが爆発した」とか「黒煙が上がった」などと、周辺の住民から警察や消防に通報が相次ぎました。

消防車10台出て消火活動を行った結果、火はおよそ2時間後に消し止められ、灯油が入っていたとみられるタンク1基が燃えました。

けが人はいませんでした。

現場は徳島県庁から1キロほど離れた場所にあり、周囲には大型の商業施設や住宅などが建ち並んでいて、警察は周辺の住民に対して避難を呼びかけたり、交通規制を行ったりするなどして一時騒然となりました。

警察によりますと、この施設では当時、燃料を積載した船を近くの川岸にとめて、地下パイプを通じてタンクに燃料を補給する作業が行われていたということで、警察と消防が火災の原因を詳しく調べています。