エンジェルス大谷 4試合連続のヒット

エンジェルス大谷 4試合連続のヒット
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が15日のツインズ戦に3番・指名打者で出場し、4試合連続となるヒットを打ちました。
今月7日に右ひじの手術から復帰した大谷選手は、ここまで3試合連続で複数安打をマークするなど調子をあげていて、ミネアポリスで行われたツインズ戦にも3番・指名打者で先発しました。

大谷選手は今シーズン5勝をあげているツインズ先発の右ピッチャーと対戦し、1回の第1打席はセカンドライナーでした。3回の第2打席はピッチャーゴロでしたが、ファーストのエラーで出塁し、5回の第3打席はファーストゴロでした。

大谷選手は7回の第4打席では2人目の右ピッチャーと対戦し、高めの速球を打って、センター前ヒットにしました。これで4試合連続のヒットになりました。

8回の第5打席は空振りの三振で、9回の第6打席は1点を追う2アウト満塁の場面でしたがショートゴロに倒れて最後のバッターになりました。

大谷選手はこの試合、6打数1安打で、打率は2割9分4厘に下がりました。試合はエンジェルスが7対8で敗れました。

また、エンジェルスはこの日、大谷選手と同じように、ピッチャーと野手の両方でプレーできるジャレッド・ウォルシュ選手を大リーグに初めて昇格させて、8番・ファーストで起用しました。

ウォルシュ選手はこの試合、大リーグでの初ヒットを含む3安打と活躍し、当面は野手として起用される予定です。