米 高層ビルの清掃ゴンドラ 高さ260mで制御不能に

米 高層ビルの清掃ゴンドラ 高さ260mで制御不能に
k10011917631_201905160947_201905161043.mp4
アメリカ南部の高層ビルで、窓の清掃員を乗せたゴンドラが地上からおよそ260メートルの高さで大きく揺れて、制御不能に陥り、消防が救出に乗り出す騒ぎとなりました。
アメリカ南部オクラホマ州で15日、50階建ての高層ビルの屋上のクレーンからワイヤーでつるされたゴンドラが何らかのトラブルで制御不能に陥りました。

ゴンドラには、窓ガラスの清掃員2人が乗っていて、地上からおよそ260メートルの高さで前後左右に大きく揺れ始めました。ゴンドラはビルと衝突するまでに揺れがひどくなり、映像では、清掃員が手すりに懸命にしがみついている様子が確認できます。

消防が救助に乗り出し、清掃員2人は、投げ入れられたロープをゴンドラに巻きつけて揺れを止め、無事に救出されました。

また、ビルの周辺にはゴンドラの衝突で割れたガラスが散乱しましたが、けが人はいないということです。

今回の騒動を捉えた映像はインターネット上で拡散し、救出劇から6時間ほどで合わせて100万回近く再生され「危険な思いをした清掃員は手当をもらうべきだ」とか、「見ているだけで乗り物酔いした」などの反応が寄せられ、話題になっています。