大相撲夏場所4日目 新大関の貴景勝は連敗せず3勝目

大相撲夏場所4日目 新大関の貴景勝は連敗せず3勝目
k10011917331_201905151950_201905151952.mp4
大相撲夏場所は4日目。新大関の貴景勝は、御嶽海に勝って連敗せず、3勝1敗としました。
中入り後の勝敗です。

千代翔馬に照強は、千代翔馬が肩透かしで勝ちました。

琴恵光に十両の若隆景は、琴恵光が押し倒し。

石浦に徳勝龍は徳勝龍が押し出し。

新入幕の炎鵬に大翔鵬は炎鵬が下手投げで勝って連勝、3勝目を挙げました。

佐田の海に志摩ノ海は佐田の海が寄り切り。

矢後に千代丸は矢後がはたき込み。

栃煌山に輝は栃煌山が寄り切り。

阿武咲に松鳳山は松鳳山が上手投げ。

友風に魁聖は魁聖が押し出し。

朝乃山に錦木は朝乃山が寄り切りで勝って4連勝としました。

明生に宝富士は明生がとったりで勝って今場所初白星です。

嘉風に妙義龍は嘉風が寄り切り。

竜電に正代は正代が寄り切り。

大栄翔に阿炎は阿炎が上手投げ。

千代大龍に碧山は千代大龍が突き落とし。

隠岐の海に逸ノ城は逸ノ城が寄り切りで勝ちました。

大関復帰を目指す栃ノ心に玉鷲は栃ノ心が寄り切りで勝って4連勝です。

御嶽海に新大関 貴景勝は貴景勝が寄り切り。連敗はせず、3勝目を挙げました。

大関 高安に北勝富士は高安が突き出し。

琴奨菊に大関 豪栄道は、豪栄道が上手投げ。

横綱 鶴竜に遠藤は鶴竜が押し出しで勝って4連勝です。

新入幕の炎鵬「幕内は2倍疲れる」

3勝目を挙げた新入幕の炎鵬は「先に入ろうと思った。かいくぐる感じですね。大翔鵬は、アマチュア時代から対戦している相手で、中学3年生の時の全国大会が初対戦です。手の内がばれているので、変化を加えていかないといけないですね。作戦は、前の日や当日に考えるが、今回は割を見た瞬間に考えました。幕内は、肉体も精神も十両と比べて2倍疲れます」と話していました。

朝乃山は4連勝、「よかった。ねらいどおりに差すことができた。気持ちの変化は特にない。自分の相撲を取れているから白星につながる。体がすごく反応できている。今場所まだまだあるのでしっかり切り替えて自分の相撲を取りきりたい」と笑顔を見せていました。

2勝目を挙げた阿炎は「冷静だった。ただ動くことができているのでいいのではないか。調子はとてもよい」と笑顔でした。

大関復帰を目指す栃ノ心は4連勝、「土俵際で我慢できたのはよかった。右を差すことができたから我慢できた。星は一つ一つですね。4連勝ですが、まだこれからでしょう。相撲は悪くないですね」と笑みを浮かべていました。

新大関 貴景勝に敗れた御嶽海は「前みつを取ろうとして出遅れた。食い下がったが、同じ相手に勝ち続けるのは難しい。最後は、どうなったか分からない」と淡々と話していました。

大関 高安は「いい相撲を取れましたね。きょうは突っ張っていこうという感じだった。手も足もよく出た。動きはよくなっていて悪くないですね。あしたから前向きにやっていきたい」といつもどおり淡々と話していました。

琴奨菊を破った大関 豪栄道は「もろ差しをねらった。右まわしの位置がよかったと思う」と話していました。

横綱 鶴竜は4連勝、「踏み込みがよかったですね。そのあとはしっかり反応して相手をよく見ていけたと思います。はたいた場面は、落ち着いていました。四つ相撲よりは、離れて離れていこうと、動きの中で勝負が決まるだろうと思っていました」と話していました。

貴景勝「勝つことが何より」

5連敗中の御嶽海に「寄り切り」で勝った新大関の貴景勝は、取組のあと、土俵上や下で右ひざ付近を痛めたようなしぐさを見せました。その後、支度部屋では、右ひざ付近を氷で冷やす場面も見られました。

報道陣の「右ひざは?」という問いに対し貴景勝は「大丈夫です」と繰り返しました。

また「立ち合いで滑ったか」という質問に対しては、「いや、わからないです。痛めてないですよ」と答えました。

15日の相撲内容については、「巻き替えられたら相手に体勢を作られてしまうのでしっかり意識した。勝つことが何よりだと思う。突き押しをやりたかったですけどね。どんな相手でも初対面の気持ちで臨んだ。そのあたりはよかった。きのうに続いて負けないことを考えた。2連敗すれば3連敗する」と振り返りました。

決まり手が寄り切りだったことについては、「ちゃんと寄り切ったのは、初めてだ。以前の寄り切りは、すくい投げのような感じだったのでね」と話していました。

貴景勝は、報道陣の取材に応じたあと時折、顔をゆがめ右足を引きずりながら支度部屋をあとにしました。

阿武松審判部長「よく考えた相撲」

日本相撲協会の阿武松審判部長は、15日の貴景勝の相撲について「前みつを取られたが、しんぼう強くもっていった。満点の相撲だがケガが心配だ。御嶽海は、四つに力があり、突き押し1発でもっていくことができない。そうした中でも臆することなくよく考えた相撲だった」と高く評価していました。

千賀ノ浦親方「あすの朝判断」

貴景勝の師匠の千賀ノ浦親方は15日夜、東京 台東区で報道陣の取材に応じ、「右ひざの内側を痛めたと、本人から電話で報告を受けた。痛めたあとなので本人もピリピリしていた。今夜は治療に専念させる」と説明しました。

貴景勝が夏場所に出場するかどうかについては、「あす朝、病院に行かせて結果を報告してもらう。ただ病院に行く前でも本人が痛いと言えば無理はさせない」と16日の朝、判断する考えを明らかにしました。