日本ハム 清宮 2軍戦で骨折から復帰後初ヒット初打点

日本ハム 清宮 2軍戦で骨折から復帰後初ヒット初打点
右手の骨折から復帰したプロ野球 日本ハムの清宮幸太郎選手が、2軍の試合で初ヒットと初打点を記録しました。
清宮選手は14日に続き、日本ハムの2軍の本拠地、千葉県鎌ケ谷市で行われたイースタンリーグのロッテ戦に「3番・指名打者」で先発出場しました。

第1打席は1アウト一塁で迎え、追いこまれてからの3球目、アウトコース低めのスライダーに体勢を崩されながらもライト前にヒットを打ち、これが右手の骨折から復帰後、初めてのヒットとなりました。

4回の第2打席は、追い込まれてからの5球目、アウトコースのスライダーにタイミングが合わず、空振り三振でした。

1点を追う6回の第3打席では1アウト三塁で2ボール1ストライクからの4球目、甘く入ったスライダーをライトに打ち上げて犠牲フライとなり、復帰後、初打点を記録して3打席でベンチに退きました。

清宮選手は「いい当たりではなかったが、1本ヒットが出てよかった。きのうより打ちに行けたし、ボールに向かっていくことができた。犠牲フライはミスショットだったが、前のバッターが出塁してくれて打点がついた。感謝です」と話していました。

日本ハム 荒木2軍監督「前に進んだ」

日本ハムの荒木大輔2軍監督は清宮選手について、「崩されながらだが、きのうよりボールについていく様子が見えたので、前に進んだと思う。今の課題は速いストレートを打つことなので、これから打席数を重ねて、対応できるように頑張ってもらいたい」と話していました。