滋賀 園児事故受け 大津市が保育園園長らに安全対策を説明

滋賀 園児事故受け 大津市が保育園園長らに安全対策を説明
大津市の交通事故を受けて、市は保育園やこども園の園長を集めて緊急に会議を開き、園児の散歩コースに危険な場所がないか市の職員が同行して点検し、安全対策を取ることを説明しました。
15日の会議には、市内の民間の保育園と認定こども園の園長51人が参加し、事故で亡くなった子どもたちに黙とうをささげました。

そして、越市長が「県や国に対応を要望するとともに、市としてできることはなるべく早く進めたい」と述べ、園児が散歩するコースについて、7月末までに市の職員が同行して安全点検を行う方針を改めて示しました。
具体的には園が用意した散歩コースが分かる地図を基に、道路の管理者や警察官と一緒に実際に歩いて確認するとしています。

市は合わせて150余りの保育園などの施設の周辺について点検を行ったうえで、今年度中に市道の安全対策などの必要な対応を取ることにしています。

大津市幼児政策課の他谷秀樹課長は「日頃、子どもたちと一緒にいる保育士の声を生かして、運転する人への啓発も含めた安全対策に一層取り組んでいきたい」と話していました。