衆議院憲法審査会 与野党折り合わず あすの審議見送り

衆議院憲法審査会 与野党折り合わず あすの審議見送り
衆議院憲法審査会の幹事懇談会が開かれ、自民党は16日、審査会で国民投票法改正案の審議と採決を行いたいと提案したのに対し、立憲民主党は、国民投票に伴うテレビ広告の規制をめぐる議論を優先すべきだなどと主張して折り合わず、16日の審議などは見送られることになりました。
衆議院憲法審査会は15日、今後の審議日程を協議する幹事懇談会を開きました。

この中で、自民党は16日審査会を開いて、継続審議となっている国民投票法改正案の審議と採決を行いたいと改めて提案しました。

これに対し、立憲民主党は、国民投票に伴うテレビ広告の規制をめぐる議論を優先すべきだなどとして、折り合いませんでした。

このため、16日の審査会での審議と採決は見送られ、新しい幹事の選任だけ行われることになりました。