公明 ネット利用の遠隔教育の推進など提言

公明 ネット利用の遠隔教育の推進など提言
公明党の教育改革推進本部は、障害などで学校に通えない子どもたちにインターネットを使った遠隔教育を行うことなどを、安倍総理大臣に提言しました。
公明党の提言では、ICT=情報通信技術を生かして障害などで通学できない子どもにインターネットを使った遠隔教育を行うことや、外国籍の子どもが学びやすいように多言語翻訳システムの導入などを求めています。

安倍総理大臣は「文部科学省に伝えて、学校でのICT環境の整備を進めていきたい」と述べました。

また、提言に盛り込んだ高校生の就職活動のルールの見直しについて、安倍総理大臣は「時代の変化がある中で、よりよいルールの見直しと柔軟な対応が必要だ」と述べました。

教育改革推進本部の事務局長を務める鰐淵洋子衆議院議員は「ICTは環境整備が重要なので文部科学省とも力を合わせて進めていきたい」と述べました。