維新 松井代表 丸山議員に辞職促す 辞職勧告には賛成

維新 松井代表 丸山議員に辞職促す 辞職勧告には賛成
日本維新の会の松井代表は、日本記者クラブで会見し、除名処分にした丸山穂高衆議院議員に改めて議員辞職を促すとともに、議員辞職勧告決議案が提出されれば、党として賛成する考えを示しました。
日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」に参加して、戦争で島を取り返すことの是非などを元島民に質問した丸山穂高衆議院議員を14日、除名処分にしました。

日本維新の会の松井代表は15日会見し「丸山氏のふるまいと発言は、党派を問うことなく、政治家であればすべての人が一線を越えたと判断すると思う」と指摘しました。

そして「本人が、ことの重大さに早く気付いて、早急に潔く身を処すべきだ。辞職を促しているわけで、議員辞職勧告決議案が出れば賛成する」と述べました。

また、松井氏は夏の参議院選挙にあわせた衆参同日選挙について「衆議院は常在戦場であり、いつ選挙が行われてもおかしくないと思うし、参議院選挙と一緒にやれば投票率も上がるだろうから、歓迎する」と述べました。

他党から辞職勧告決議案出れば賛成の方針

日本維新の会は、15日開いた役員会で、除名処分にした丸山穂高衆議院議員に対する議員辞職勧告決議案が提出された場合、賛成する方針を決定しました。

日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」に参加して、戦争で島を取り返すことの是非などを元島民に質問した丸山穂高衆議院議員を14日除名処分にし、丸山氏は、議員辞職はせず、無所属で活動する考えを示しています。

日本維新の会は、15日役員会を開き対応を協議し、党として丸山氏に対する議員辞職勧告決議案を提出する必要があるものの、党単独では人数が足りず提出できないことから、ほかの党が提出した場合、採決では決議案に賛成する方針を決定しました。

馬場幹事長は、記者会見で「本来なら、わが党から、議員辞職勧告決議案を出すべきだが、物理的に出せない。ぜひ、他党には行動を起こしてもらって、決議案の提案をお願いしたい」と述べました。