エンジェルス大谷 復帰後初の3安打

エンジェルス大谷 復帰後初の3安打
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が14日のツインズ戦に3番・指名打者で出場し、タイムリーヒットなど右ひじの手術から復帰後初めて1試合3本のヒットを打ちました。
大谷選手はミネアポリスで行われた13日のツインズ戦で、今シーズン1号のツーランホームランを打つなど活躍し、14日のツインズ戦も3番・指名打者で先発しました。

大谷選手はツインズの先発の右ピッチャーと対戦し1回の第1打席はサードゴロでしたが、4回の第2打席は、高めのアウトコースの速球を打って、センター前ヒットとしました。

大谷選手にとってこのヒットは1年目の昨シーズンと合わせて大リーグ通算100本目のヒットになりました。

さらに6回の第3打席は、2点を追う1アウト二塁の場面で、2球目のアウトコースへの変化球をとらえて、センター前にタイムリーヒットを打ちました。

そして8回の第4打席は5人目の左ピッチャーと対戦し、スライダーを振ってピッチャー前に転がる内野安打になって出塁しました。

大谷選手は右ひじの手術から復帰後初めて1試合で3本のヒットを打ち、4打数3安打、1打点で打率を3割2分1厘にあげました。

試合はエンジェルスが3対4で敗れました。