維新 片山共同代表「緊張感もった対応を」

維新 片山共同代表「緊張感もった対応を」
日本維新の会の片山共同代表は、会合で、丸山穂高衆議院議員が除名処分となったことを踏まえ、夏の参議院選挙を控える中、緊張感をもった対応を求めました。

一方、ほかの野党からは、議員辞職を求める声が出されました。
日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」に参加して、戦争で島を取り返すことの是非などを元島民に質問した丸山穂高衆議院議員を14日、除名処分にし、丸山氏は、議員辞職はせず、無所属で活動する考えを示しています。

日本維新の会の片山共同代表は、参議院の会派の会合で「丸山氏の問題は、ご承知のとおりだ。参議院選挙が近いので、公私にわたって緊張感をもった対応をお願いしたい」と求めました。

一方、国民民主党の大塚代表代行は「日本の国会議員として、あるまじき発言で、議員辞職が当然だ」と述べたほか、立憲民主党の福山幹事長も「こうした国会議員がいたことは日本の恥で、非常に残念だ。議員辞職に値する」と指摘しました。