大相撲夏場所4日目の見どころ 新大関 貴景勝は御嶽海と対戦

大相撲夏場所4日目の見どころ 新大関 貴景勝は御嶽海と対戦
大相撲夏場所は4日目、14日に初黒星を喫した新大関の貴景勝は、5連敗中と合い口の悪い、小結 御嶽海と対戦します。
今場所に新大関として臨んでいる貴景勝は、14日の3日目に平幕の北勝富士に破れ大関として初黒星を喫しました。

4日目の15日は、14場所連続で三役を務める御嶽海との対戦です。過去の対戦成績は、貴景勝の3勝7敗で、5連敗中と合い口の悪い相手です。

このところは、立ち合いの低い当たりに定評がある貴景勝に対し、御嶽海がさらに低く当たり貴景勝の突き手を下からあてがって下がらず、最後は御嶽海が差し手を入れて動きを封じて勝つ、同じような内容の相撲が続いています。

貴景勝は、これまで以上に強く当たって相手をはじき、2回、3回と突き放して自分の流れで相撲を取り、連敗は避けたいところです。

大関復帰を目指す関脇 栃ノ心は3連勝で、4日目は前頭3枚目の玉鷲と対戦します。対戦成績は、栃ノ心が15勝7敗とリードしていますが、この1年は3勝3敗の五分です。

栃ノ心は、突き押しに力強さがある玉鷲を相手に安易にまわしを狙いにいかず、まずは立ち合いの当たりで勝り、踏み込んでからまわしをつかむ展開に持ち込みたいところです。

一人横綱として3連勝の鶴竜は、14日に大関 豪栄道を破った前頭2枚目の遠藤の挑戦を受けます。