自民 森山氏 消費増税方針変わらず 予算委集中審議応じず

自民 森山氏 消費増税方針変わらず 予算委集中審議応じず
消費税率の引き上げについて、自民党の森山国会対策委員長は、方針に変わりはないとしたうえで、野党側が求めている予算委員会の集中審議には応じない考えを示しました。
自民党の森山国会対策委員長は記者会見で、景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて「景気は浮き沈みがあるのが常で、一喜一憂せず、しっかり数字を見ていくことが大事だ」と指摘しました。

そのうえで、10月に消費税率を引き上げる方針に変わりはないと強調しました。

また、追加の経済対策として今年度の補正予算案を編成することに、現時点では否定的な考えを示しました。

一方、森山氏は、夏の参議院選挙に合わせた衆参同日選挙について「今のところ、そういう可能性はないと思う」と述べました。

さらに、野党側が求めている予算委員会の集中審議の開催については、ほかの常任委員会で議論すべきだとして応じない考えを示しました。