園児の列に車突っ込み2人死亡 滋賀県と警察が事故現場を調査

園児の列に車突っ込み2人死亡 滋賀県と警察が事故現場を調査
大津市で保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故で、道路を管理する滋賀県と警察などの担当者が現場を調査しました。
今月8日、びわ湖沿いの大津市の交差点で、保育園児と引率の保育士の列に車が突っ込み、園児2人が死亡し、1人が重体、13人が重軽傷を負いました。

現場の道路を管理する滋賀県は、事故の翌日、交差点の歩道側に円柱型の緩衝材を設置し、14日は、警察や市の担当者も合わせておよそ20人が現場を調査しました。

滋賀県は、今後、ガードレールの設置など、事故を防ぐ対策を検討することにしています。

滋賀県道路保全室の池田昌司室長は「警察だけでなく、大津市とも意見をすり合わせて対策を固めたい」と話していました。