J1清水エスパルス 新監督に篠田善之コーチ

J1清水エスパルス 新監督に篠田善之コーチ
サッカーJ1の清水エスパルスは、12日に成績不振を理由に退任したヤン・ヨンソン監督に代わって篠田善之コーチが新しく監督に就任すると発表しました。
篠田新監督は山梨県出身の47歳。中京大学から現在のアビスパ福岡に入団し、ミッドフィルダーとしてプレーしました。

そして、2008年のシーズン途中に当時J2のアビスパの監督に就任し、2016年のシーズン途中からFC東京の監督を務めたあと、昨シーズンからエスパルスのコーチを務めています。

エスパルスはこれまでリーグ戦11試合で2勝7敗2引き分けの17位と低迷していて、12日、ヨンソン監督が退任し、篠田コーチが監督代行を務めていました。

篠田新監督は「ヨンソン監督をコーチとして最後まで支えきれず申し訳ない。改善すべき点はみんな分かっているので、チーム全員で目の前のゲームに全力を尽くしていきます」とクラブを通じてコメントしています。