俳優 京マチ子さん死去

俳優 京マチ子さん死去
k10011915801_201905141808_201905141834.mp4
黒澤明監督の映画「羅生門」など、出演した映画が国際映画祭で次々と賞を取り、「グランプリ女優」とも呼ばれた俳優の京マチ子さんが、12日、心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。95歳でした。
京マチ子さんは大正13年に大阪で生まれ、昭和11年、13歳で大阪松竹少女歌劇団、現在のOSK日本歌劇団に入り、華麗なダンスで人気を集めました。

その後、映画の世界に転じ、ベネチア国際映画祭で日本で初めてグランプリを受賞した黒澤明監督の「羅生門」で、三船敏郎さん演じる盗賊に襲われる侍の妻を演じ、一躍トップ女優となりました。

その後も、溝口健二監督の「雨月物語」がベネチア国際映画祭の銀獅子賞に、また、衣笠貞之助監督の「地獄門」がカンヌ映画祭でグランプリを受賞するなど、出演した作品が海外の映画祭で数々の賞を受賞して「グランプリ女優」とも呼ばれ、美しい容姿とあでやかさを兼ね備えた演技で国際的にも人気を集めました。

テレビドラマや舞台でも活躍し、平成11年に放送されたNHKの大河ドラマ「元禄繚乱」では、将軍、徳川綱吉を溺愛する母、桂昌院の役を演じました。

昭和62年に紫綬褒章、平成6年には勲四等宝冠章を受章し、80歳を過ぎても舞台「女たちの忠臣蔵」に出演するなど活躍を続けました。

東宝によりますと、京さんは12日、心不全のため東京都内の病院で亡くなったということです。

石井ふく子さん「心の美しい清らかな方」

京マチ子さんが亡くなったことについて、京さんが出演したテレビドラマのプロデュースや舞台の演出を手がけるなど、親交があった石井ふく子さんは「あんなにすてきな大スターは、もう出ていらっしゃらないと思います。心の美しい本当に清らかな方でした。寂しいです」というコメントを出しました。

山田洋次さん「至高のマドンナ」

映画監督の山田洋次さんは「至高のマドンナ」というコメントを出し、「『男はつらいよ・第18作』に寅さん憧れの貴婦人として登場していただいた時の息を呑むような美しさをまざまざと思い出す。その奇跡のような美しさと気品は晩年まで少しも変わらなかった。最近完成したばかりの第50作に再び登場していただいているので、必ず京さんに見ていただくつもりだったが、それが叶わなくなってしまった。悲しくてたまらない」と記しています。