イラン情勢 河野外相 「ホルムズ海峡封鎖も想定し対応検討」

イラン情勢 河野外相 「ホルムズ海峡封鎖も想定し対応検討」
中東のイラン情勢が緊迫する中、河野外務大臣は、日本のエネルギー供給の生命線であるホルムズ海峡周辺での対立は極めてゆゆしき事態だとしたうえで、海峡が封鎖される事態も想定して対応を検討する考えを示しました。
中東のイラン情勢をめぐっては、アメリカが原子力空母を派遣するなどけん制を強めているほか、サウジアラビアもイランとの対立を深めており、緊張が高まっています。

これについて河野外務大臣は、記者会見で「日本のエネルギー供給の生命線ともいうべきホルムズ海峡の周辺であり、極めてゆゆしき事態だ」と述べました。

そのうえで「現実にホルムズ海峡が封鎖されるような事態が起きた場合に、どのように対応したらよいのか政府としても真剣に考え、対応を検討していきたい。影響がダイレクトに日本経済や世界経済に跳ね返ることがないよう、考えていく必要がある」と述べ、海峡が封鎖される事態も想定し、対応を検討する考えを示しました。