公明 山口代表「消費増税に直ちに影響せず」

公明 山口代表「消費増税に直ちに影響せず」
景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて、公明党の山口代表は、10月の消費税率引き上げに直ちに影響するものではないとしたうえで、今月下旬の月例経済報告で示される政府の景気認識を注視する考えを示しました。
公明党の山口代表は記者団に対し、景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて「直ちに消費税率引き上げの予定に影響を与えるものとは考えていない」と述べました。

また、追加の経済対策として補正予算案を編成する必要性について「今のところ、そのような認識は持っていない」と述べました。

そのうえで、山口氏は「政府が月例経済報告でどのような認識を示すかが重要だ。経済の堅調な傾向を持続できるよう、あらゆる対応をしていくべきだ」と指摘し、今月下旬の月例経済報告で示される政府の景気認識を注視する考えを示しました。

一方、夏の参議院選挙に合わせた衆参同日選挙については「G20大阪サミットという大きな国際会議がある。足元のしっかりした内閣で世界の首脳をお迎えしたい」と述べ、改めて否定的な姿勢を示しました。