マリナーズ菊池 3失点で勝ち負けつかず

マリナーズ菊池 3失点で勝ち負けつかず
大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手が13日、アスレティックス戦に先発し、7回途中まで投げて3失点で勝ち負けはつきませんでした。
菊池投手は13日、本拠地シアトルでのアスレティックス戦で、今シーズン10試合目の先発マウンドに上がりました。

立ち上がり、コントロールに苦しんだ菊池投手は、チームが1点を先制した直後の2回、先頭バッターに甘く入ったスライダーをレフトスタンドに運ばれて同点に追いつかれました。

3回以降は切れのある速球を軸に4者連続三振を奪うなどテンポのいいピッチングを見せ、前回の登板でノーヒットノーランを達成したファイアーズ投手と緊迫した投げ合いになりました。

しかし6回、1アウトから昨シーズンのアメリカンリーグホームラン王、デービス選手に左中間へソロホームランを打たれ、勝ち越し点を奪われました。

菊池投手は7回、先頭バッターにこの試合3本目となるソロホームランを打たれたところで交代し、この試合、ヒット5本で3失点、フォアボール2つ、奪った三振5つの内容でした。

マリナーズが8回に同点に追いついたため菊池投手に勝ち負けはつきませんでした。

試合はマリナーズが延長10回、6対5で逆転サヨナラ勝ちし、連敗を4で止めました。