消費増税 自民 萩生田氏「直ちに延期や凍結 思っていない」

消費増税 自民 萩生田氏「直ちに延期や凍結 思っていない」
景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて、自民党の萩生田幹事長代行は「直ちに消費税率引き上げの延期を判断する基準にはならない」とする一方、今後も景気の動向を見極める必要があるという認識を示しました。
自民党の萩生田幹事長代行は記者会見で、景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて「消費税率の引き上げはすでに意思決定しており、直ちに延期や凍結の判断の基準になるとは思っていない」と指摘しました。

また、補正予算案の編成について「現時点で補正予算で景気対策という考えは持っていない」と述べました。

一方で、萩生田氏は「一つ一つの指標を軽んじることなく、原因などを精査しなければならない。リーマンショック級の事態につながっていくのか、きちんと見極めていきたい」と述べ、今後も景気の動向を見極める必要があるという認識を示しました。

そのうえで「もし、仮に増税を延期する事態が起これば衆参同日選挙かどうかは分からないが、国民の了解を求める何らかのアクションは必要だと思う」と述べました。