税差し押さえ免れようと… 売り上げ隠しで焼き肉店社長を逮捕

税差し押さえ免れようと… 売り上げ隠しで焼き肉店社長を逮捕
東京 足立区の焼き肉店の経営者が、滞納した法人税の差し押さえを免れるため約2500万円の売り上げを隠したとして、国税徴収法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。
逮捕されたのは、焼き肉店を経営する東京 足立区の「炭火ジャパン」の社長、石村成培(本名・郭成培)容疑者(49)です。

東京地検特捜部によりますと、郭社長は、滞納していた会社の法人税の差し押さえを免れるため、おととしから去年にかけて、経営する焼き肉店の売り上げ約2500万円を隠したとして、国税徴収法違反の疑いが持たれています。

郭社長は、クレジットカードで支払われた売上金を約50回にわたって親族名義の預金口座に振り込み、差し押さえを免れていたということで、特捜部は詳しい経緯を調べています。

特捜部は、社長の認否を明らかにしていません。