拉致被害者家族 訪日のトランプ大統領と再び面会へ

拉致被害者家族 訪日のトランプ大統領と再び面会へ
安倍総理大臣は、総理大臣官邸で開かれた政府与党連絡会議で、今月下旬にアメリカのトランプ大統領が日本を訪れた際に、おととし11月に続いて、北朝鮮による拉致被害者の家族と再び面会することを明らかにしました。
この中で安倍総理大臣は、今月25日から予定されるアメリカのトランプ大統領の日本訪問について、「日米首脳会談では、北朝鮮問題をはじめとする国際社会が直面する諸課題や日米経済、そしてG20大阪サミットの成功に向けた協力などについて、じっくりと話し合いたい」と述べました。

そのうえで「トランプ大統領に再び拉致被害者のご家族とお会いいただく予定だ。拉致問題の解決に向けて日米が共に力を合わせて取り組んでいく」と述べ、トランプ大統領がおととし11月に続いて、北朝鮮による拉致被害者の家族と再び面会することを明らかにしました。

また、安倍総理大臣は、今月9日に北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したことについて、「国連安保理決議に違反するものであり、極めて遺憾だ。米国をはじめ、関係国と緊密に協力しつつ、関連する国連安保理決議の履行を一層強化するなど、しかるべく対応していく」と述べました。