維新 「戦争」発言の丸山氏から離党届 党紀委で協議へ

維新 「戦争」発言の丸山氏から離党届 党紀委で協議へ
日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」の訪問団の団長に「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」などと質問した丸山穂高 衆議院議員から離党届が提出されたことを受け、党の役員会を開き、党紀委員会で対応を協議することを確認しました。
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高 衆議院議員は、今月11日の夜、訪問団の団長に「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」などと質問し、13日夜、「不適切だった」として、みずからの発言を撤回し、謝罪しました。

日本維新の会は14日、国会内で緊急の役員会を開き、丸山氏から離党届が提出されたことを受けて、党の党紀委員会で対応を協議することを確認しました。

このあと馬場幹事長は、記者団に対し「元島民やロシアの関係者の皆様に大変なご迷惑と不快な思いを与えている。片山共同代表とも相談し、ロシア政府の関係者や交流団の団長のもとにお邪魔し、おわびを申し上げたい」と述べました。

そのうえで馬場氏は「できるだけ早期に党本部の党紀委員会で協議を行うため、現在、手続きを進めている。発言の中身は、日本の根幹に関わる平和主義と戦争放棄に相反している。個人的にも発言は論外であると申し上げたい」と述べました。