維新 松井代表「戦争」発言の丸山議員 除名処分を検討

維新 松井代表「戦争」発言の丸山議員 除名処分を検討
k10011915471_201905141223_201905141224.mp4
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した、日本維新の会の丸山穂高 衆議院議員が、訪問団のメンバーに「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」などと質問したことについて、維新の会の松井代表は記者団に対し「辞職すべきだ」と述べたうえで、丸山議員を除名処分とする方向で検討していることを明らかにしました。
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した、日本維新の会の丸山穂高 衆議院議員は、今月11日の夜、訪問団の団長に「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」などと質問しました。

これについて、丸山氏は13日夜、東京都内で記者団に対し、発言をした際酒を飲んでいたことを認めたうえで、非常に配慮を欠いたとして発言を撤回し謝罪しました。

これについて、日本維新の会の松井代表は、14日大阪市役所で記者団に対し、「国会議員として一線をこえた発言であり、元島民や国民のみなさんに不快な思いをさせた。党代表として心からおわびを申し上げたい」と述べました。

そのうえで、「辞職すべきだ。本来は自身ですぐに責任をとるべきだ」と述べるとともに、14日中に党紀委員会を開いて、丸山氏を除名処分とする方向で検討していることを明らかにしました。