アジアの株式市場 米中関税応酬で株価下落

アジアの株式市場 米中関税応酬で株価下落
激しさを増す米中の貿易摩擦への懸念から、14日のアジアの株式市場でも売り注文が広がり、多くの市場で株価は値下がりしています。
米中の貿易摩擦をめぐっては、中国が報復のための関税引き上げを発表するなど両国の対立が激化し、13日のニューヨーク市場ではダウ平均株価が600ドル以上の大幅な下落となりました。

これを受けて14日のアジアの株式市場でも売り注文が広がり、日本時間の午前11時半時点の各地の代表的な株価指数は、13日の終値と比べて香港がおよそ1.2%、シンガポールがおよそ0.9%値下がりしているほか、台湾もおよそ0.1%と小幅に値下がりしています。

市場関係者は「米中の首脳会談の実現に期待する投資家もいるものの、中国が報復措置として関税引き上げに踏み切るなど、両国の対立が激しさを増す中で、貿易交渉の先行きへの懸念がさらに強まっている」と話しています。