消費増税 予定どおり引き上げを明言 麻生財務相

消費増税 予定どおり引き上げを明言 麻生財務相
k10011915391_201905141234_201905141241.mp4
麻生副総理兼財務大臣は、「景気動向指数」の基調判断が「悪化」に下方修正されたことに関して、「今の段階ではリーマンショック級になるととらえている訳ではない」と述べ、ことし10月の消費税率の引き上げを予定どおり行う考えを改めて示しました。
内閣府が13日に発表したことし3月の「景気動向指数」で、景気の基調判断が後退の可能性が高いことを示す「悪化」に、6年2か月ぶりに下方修正されました。

これに関連して、麻生副総理兼財務大臣は閣議のあとの記者会見で、ことし10月の消費税率の引き上げに与える影響について「今の段階で、リーマンショック級の大きな話になるととらえている訳ではない」と述べ、予定どおり消費税率を引き上げる考えを改めて示しました。

そのうえで、追加の経済対策の必要性を問われたのに対し、麻生副総理は「現時点で考えている訳ではない」と述べました。

また、米中の貿易摩擦が日本経済に与える影響について、麻生副総理は「直ちにどのような事態に発展していくのか、なかなか想像だけではものが言えない。『引き続き、経済情勢などをよく見ないといけない』としか、今の段階では言いようがない」と述べました。