日ロ知事会議 9年ぶり開催 地域間交流について意見交わす

日ロ知事会議 9年ぶり開催 地域間交流について意見交わす
ロシアの首都モスクワで9年ぶりとなる日ロ知事会議が開かれ、日本からは8人の知事が出席し、地域間の交流について意見を交わしました。
9年ぶりにモスクワで開催された日ロ知事会議には日本から埼玉県や北海道などの8人の知事が、ロシアからは地域の代表とされる議会上院で議長を務めるマトビエンコ氏をはじめ、日本海沿岸の沿海地方の知事やモスクワ市長など、30人余りが出席しました。

会場にはプーチン大統領からメッセージが届けられ、マトビエンコ議長が「両国の交流の輪は地方政府にとどまらず、経済や科学、文化、それに教育の分野にも広がっている。両国の友好と相互理解は今後さらに深まるだろう」と読み上げました。

これに対し日本側を代表して全国知事会の会長の埼玉県の上田清司知事が「3年前の日ロ首脳会談では両国の人的交流を飛躍的に拡大させる目標が掲げられた。地方レベルでの交流が進めば、地方の住民どうしで親しみと絆が深まる」と交流促進を呼びかけました。

会議では参加者が地域経済の発展や青少年の交流など4つの議題について、5時間余りにわたって意見を交わしました。

また知事どうしで個別に会談を行い、それぞれの地域の産業の特色などについて情報を交換し、交流していました。