NY株価 600ドル以上下落 中国の対米関税引き上げ発表で

週明け13日のニューヨーク株式市場は米中の貿易交渉をめぐって、中国が報復のための関税引き上げを発表したことなどから世界経済への影響は避けられないとして、ダウ平均株価は先週末に比べて、600ドル以上、下落するなど、大幅に値下がりしています。
週明けのニューヨーク市場の取り引きは米中の貿易交渉をめぐって、中国が報復として、アメリカからの600億ドル分の輸入品に最大25%の関税を上乗せすると発表した直後に取り引きが始まりました。

このためアメリカや世界経済への影響は避けられないとして、航空機大手のボーイングや、IT大手のアップルなどが大きく売られ、ダウ平均株価は先週末に比べて600ドル以上、下落するなど、大幅に値下がりしています。

市場関係者は「交渉の次の日程が固まらない中で、両国の対立が激しさを増しており、先行きに対する不透明感が一段と強くなっている」と話しています。