NHK世論調査 参院選「関心ある」58%

NHK世論調査 参院選「関心ある」58%
k10011914971_201905140741_201905140741.mp4
夏に行われる参議院選挙について、NHKの世論調査で関心があるか尋ねたところ、「関心がある」と答えた人は58%でした。
NHKは今月10日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で、世論調査を行いました。調査の対象となったのは2333人で、54%にあたる1260人から回答を得ました。

夏に行われる参議院選挙にどの程度関心があるか聞いたところ、「非常に関心がある」が16%、「ある程度関心がある」が42%、「あまり関心がない」が29%、「まったく関心がない」が8%でした。

安倍総理大臣は北朝鮮による拉致問題の解決に向け、前提条件をつけずにキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談の実現を目指す考えを明らかにしました。
これについて、「評価する」が39%、「評価しない」が16%、「どちらともいえない」が37%でした。

ことしの大型連休は10連休となりました。
これについて「よかった」が25%、「よくなかった」が29%、「どちらともいえない」が39%でした。
これを男女別にみますと、男性は「よかった」が32%で、「よくなかった」の25%を上回りましたが、女性は「よくなかった」が33%と、「よかった」の18%を上回りました。

また年代別では若い世代ほど「よかった」の割合が高く、年代が上がるにつれて、「よくなかった」が増える傾向となりました。