「ケ・セラ・セラ」 米女優 ドリス・デイさん死去

「ケ・セラ・セラ」 米女優 ドリス・デイさん死去
k10011914911_201905140540_201905140543.mp4
ヒッチコック監督の映画で歌った主題歌「ケ・セラ・セラ」が世界中でヒットし人気を不動のものとした、アメリカの歌手で俳優のドリス・デイさんが13日、亡くなりました。97歳でした。
これはデイさんが運営していた動物愛護のための財団が13日、公式のウェブサイトで明らかにしました。

デイさんは1922年にアメリカ中西部のオハイオ州で生まれ、15歳から歌手として活動を始めて、1945年には「センチメンタル・ジャーニー」がヒットして人気を博しました。

女優としても活躍し、1956年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督の映画「知りすぎていた男」で主人公の妻役を演じ、この映画の中で歌った主題歌「ケ・セラ・セラ」がヒットしてアカデミー賞歌曲賞を受賞しました。

2004年にアメリカで文化活動などに貢献した人に贈られる一般市民としては最高位の勲章「自由勲章」を受章したほか、2008年にはアメリカ音楽界で最も権威があるとされるグラミー賞で、生涯功労賞を受賞しています。

デイさんは肺炎を患って13日朝、アメリカ西部カリフォルニア州の自宅で、親しい友人たちに見守られながら亡くなったということです。