外相 中国念頭にASEANと技術協力など関係強化で一致

外相 中国念頭にASEANと技術協力など関係強化で一致
河野外務大臣は13日夜、日本を訪れているASEAN=東南アジア諸国連合の幹部と会談し、地域における中国の影響力が強まることをけん制していくためにも技術協力などを通じて日本とASEANの関係を強化していくことで一致しました。
河野外務大臣は13日夜、日本を訪れているASEANのリム・ジョクホイ事務局長と外務省の飯倉公館で会談しました。

会談で両氏は経済面だけでなく、南シナ海で軍事拠点の構築を進めるなど軍事面でも、地域における中国の影響力が強まることをけん制していくためにも、日本とASEANの関係をさらに強化していくことを確認しました。

その一環として、両氏はASEANの事務局にJICA=国際協力機構の専門家を派遣したり、研修生を日本に受け入れたりする技術協力協定に署名しました。

会談のあとの共同記者発表で河野大臣は「リム事務局長とは北朝鮮や南シナ海の情勢についても意見交換をおこない、ASEANとの連携をさらに強めていきたい」と述べました。