河野外相 韓国の新しい駐日大使と面会

河野外相 韓国の新しい駐日大使と面会
日韓関係が悪化する中、河野外務大臣は、13日新たに着任した韓国のナム・グァンピョ(南官杓)駐日大使と面会しました。河野大臣は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決などを念頭に、「日韓関係は非常に難しい状態だ」と伝え、問題解決への取り組みを求めました。
韓国のナム・グァンピョ新駐日大使は、前任のイ・スフン(李洙勲)大使に代わり、今月9日に日本に着任し、13日午後、外務省を訪れ、河野外務大臣と面会しました。

河野大臣は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決などを念頭に、「日韓両国は年間1000万人の交流がある一方で、政府間の関係は非常に難しい状態だ。問題解決に向け力を借りたい」と述べました。

これに対し、ナム大使は、「両国関係がとても大事な時期に大使として赴任することに責任を感じている。関係改善のために、そして、未来志向の発展のために、取り組んでいきたい」と応じました。

面会のあと、ナム大使は、「両国の問題の認識を共有し、知恵をもって乗り越えたい。私も最善を尽くしたい」と述べました。