農産物応援のロックバンドを激励 首相

農産物応援のロックバンドを激励 首相
安倍総理大臣は、日本のコメや魚の魅力をテーマにした歌を動画投稿サイトなどで発信しているロックバンドのメンバーと総理大臣官邸で面会し「日本の食を世界の文化として音楽の力で広げてもらいたい」と激励しました。
総理大臣官邸を訪れたのは、日本のコメや魚の魅力をテーマにした歌を動画投稿サイト「ユーチューブ」などで発信する活動が評価され、農林水産大臣から、国産農林水産物の応援大使に任命されたロックバンドのメンバー3人です。

メンバーの1人、大澤敦史さんは活動の経緯について「新潟県であゆの定食を食べた際、お米がおいしいことに気がつき、歌にしようと思った」と説明しました。

安倍総理大臣は「ユーチューブで600万回再生された発信力に期待している。日本の食を日本だけではなく世界の文化として、皆さんの音楽の力で広げてもらいたい」と激励しました。

面会のあと大澤さんは「われわれにできることは、おいしいものをどこかで食べて歌をつくることだと思うので、ますますおいしいもの探しに励みたい」と話していました。