トップ人事で混乱のLIXIL 取締役候補を発表

トップ人事で混乱のLIXIL 取締役候補を発表
経営トップの人事をめぐって混乱が続く、大手住宅設備メーカー「LIXILグループ」は、来月開かれる株主総会に提案する取締役の候補者を発表しました。前のCEOもみずからを含む候補者を提案していて来月の株主総会で委任状の争奪戦となることも予想されます。
LIXILグループは、13日、来月開かれる株主総会に提案する取締役の候補者8人を発表しました。

それによりますと、8人のうち7人が社外取締役となっていて、前のCEOの瀬戸欣哉取締役は候補には選ばれませんでした。

LIXILグループをめぐっては、いわゆる「プロ経営者」として別の会社から招かれた瀬戸氏が去年10月末にCEOを退任し、創業家出身の潮田洋一郎氏が後任のCEOに就きました。

これについて瀬戸氏は手続きが不透明だったとして、トップ復帰を目指してみずからを含む取締役候補者8人を株主として提案しています。

会社側と瀬戸氏の提案では8人の候補者のうち6人が異なっていて、来月の株主総会は委任状の争奪戦となることも予想されます。

会社側の提案

「LIXILグループ」が提案した取締役の候補では8人のうち、7人が社外取締役となっていることが特徴です。

社外取締役の候補としては「リコー」の元社長三浦善司氏、「JVCケンウッド」の元社長 河原春郎氏、「ベネッセホールディングス」副会長の福原賢一氏、元関東財務局長の竹内洋氏、「ミネベアミツミ」の元専務で税理士の内堀民雄氏、あずさ監査法人の元副理事長で公認会計士の鈴木輝夫氏、それに前の最高裁判所判事、鬼丸かおる氏をあげています。

一方、社内からは子会社のLIXILの社長を務めている大坪一彦氏が候補となっています。この会社側の提案ではCEOの候補を決めていません。

瀬戸氏の提案

これに対して瀬戸氏の提案では8人のうち社外と社内からそれぞれ4人ずつ選ぶとともに瀬戸氏をCEO候補としています。

社内からは瀬戸氏以外ではLIXILの母体企業の1つである旧INAX出身の伊奈啓一郎氏と川本隆一氏を候補としてあげたほか、子会社のLIXILの専務である吉田聡氏を候補としています。

また社外取締役の候補としては「三井住友トラストクラブ」の元会長 西浦裕二氏、企業年金連合会の前理事、濱口大輔氏、鈴木輝夫氏、鬼丸かおる氏です。鈴木氏と鬼丸氏については会社側と瀬戸氏の双方の提案で候補者となっています。

瀬戸氏 会社の対応を批判

別の取締役候補を提案している「LIXILグループ」の前のCEOの瀬戸欣哉取締役は13日夜、都内で記者団の取材に応じました。

この中で、瀬戸氏は会社が取締役候補者のみを発表し、CEOについては今後決めるとしたことについて、「会社のことを知らない取締役の人たちがどうやってCEOを選ぶのか、会社の継続性を考えたときに大変な方法を選んでいると思う」と述べ、会社の対応を批判しました。

そのうえで、今後、株主総会でみずからの提案に賛同する株主を募るいわゆる委任状争奪戦に持ち込む考えはあるのかとの質問に対して瀬戸氏は「会社側が選んだ候補者がどんな人か判断できないので、株主にどう働きかけるかは今の時点ではコメントできない」と述べるにとどめました。

そして「この会社の透明性を高め、プロセスを素早くするために私は取締役の候補者8人を選んだ。8人全員が選ばれるように株主には説明をしていきたい」と述べ、みずからの提案に自信を示しました。