「大嘗祭」で使う米を収穫する2つの地方 栃木県と京都府に

「大嘗祭」で使う米を収穫する2つの地方 栃木県と京都府に
天皇陛下の即位に伴う一世に一度の伝統儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」で使う米を収穫する2つの地方について、宮内庁は「亀卜(きぼく)」と呼ばれる亀の甲羅を使った宮中に伝わる占いの結果、栃木県と京都府が選ばれたと発表しました。
天皇陛下の即位に関する儀式の1つ「斎田点定(さいでん てんてい)の儀」は、13日午前10時から、皇居の宮中三殿にある、国内の神々をまつる神殿で行われました。

この儀式は、亀の甲羅をあぶってひびの入り具合で物事を定める「亀卜」と呼ばれる宮中に伝わる占いを行い、ことし秋の「大嘗祭」で使う米を収穫する東の「悠紀(ゆき)」地方と、西の「主基(すき)」地方という2つの地方を選ぶものです。

神殿の前には「斎舎(さいしゃ)」という「亀卜」を行うための幕で覆われた建物が設けられ、儀式には宮内庁の幹部が参列しました。

はじめに宮中祭祀をつかさどる掌典長らが「柳筥(やなぎばこ)」という「亀卜」の結果を納める箱を持って「斎舎」に入りました。

そして「火鑽具(ひきりぐ)」という道具を使っておこした火で亀の甲羅をあぶり、ひびの入り具合から結果を定めたということです。

儀式は40分で終了し、宮内庁は「悠紀」地方に栃木県が、「主基」地方に京都府が選ばれたと発表しました。
一方、天皇陛下は、午前11時半すぎ、半蔵門から車で皇居に入られました。

そして、宮殿で「亀卜」の結果を受けて選ばれた「悠紀」地方と「主基」地方について、山本長官から報告を受けられました。

その後、宮内庁の西村次長が、栃木県と京都府の知事に連絡したということです。

宮内庁は、今後、栃木県や京都府と協議し「大嘗祭」で使う米を収穫する田んぼの「斎田」と「斎田」の所有者の「大田主(おおたぬし)」について、地元の農業団体から推薦を受けるなどして選ぶことにしています。

「斎田」では、秋には新米を収穫するための儀式が行われ「大田主」は「大嘗祭」の中心的な儀式にも臨むことになります。

栃木 福田知事「県民の大きな励みになる」

栃木県の福田知事は「大変ありがたくうれしいことで県民の大きな励みになる。今後は関係者と連携して、県としてできるかぎりの対応をしていきたい」と述べました。

また、栃木県産の米について「良質な水があることに加え、律儀な県民性の農家が、誠意をもって勤勉に生産しているので、どこでも自慢のできるおいしい米だと思う」と述べました。

京都 西脇知事「大変名誉なことだと思う」

京都府の西脇知事は記者団に対し「京都の農業振興においてもうれしく思うし、大変名誉なことだと思う。京都の農家の皆さんは、日々、品質の高い米づくりに励んでいる。農家とともに秋にはしっかりとお納めできるように取り組みたい」と述べました。

京都府は今後、大嘗祭で使う米を収穫する田んぼの「斎田」などについて宮内庁と協議をしながら選定するということです。

栃木は初めて 京都は丹波国が何度も

栃木県は「大嘗祭」で使う米を収穫する地方の1つに、今回初めて選ばれました。

一方、京都府には、かつての「丹波国(たんばのくに)」が繰り返し選ばれてきた歴史があります。

栃木県は「大嘗祭」を初めて行ったとされる天武天皇以降、平成の「大嘗祭」まで記録が残っているなかでは、かつての「下野国(しもつけのくに)」も含めて選ばれたことはなく、今回初めて選ばれました。

一方、京都府には、かつて府内の中部や周辺を含む地域にあった「丹波国」が、繰り返し「主基」地方に選ばれてきた歴史があります。

平安時代から室町時代にかけては「丹波国」と岡山県西部にあった「備中国(びっちゅうのくに)」が、交互に「主基」地方に選ばれた時期もありました。

京都府は、2つの地方が都道府県別に選ばれるようになった大正天皇の「大嘗祭」以降では、今回初めて選ばれました。