渋谷のスクランブル交差点にベッド置き撮影 7人書類送検

渋谷のスクランブル交差点にベッド置き撮影 7人書類送検
k10011914051_201905131229_201905131230.mp4
大勢の歩行者が行き交う東京 渋谷のスクランブル交差点の真ん中にベッドを運び込んでその状況を撮影し、歩行者の通行を妨げたとして、20代の「ユーチューバー」ら7人が書類送検されました。調べに対し「人の気を引くような動画を撮りたかった」と説明しているということです。
書類送検されたのは、東京都内に住む20代の会社役員や会社員、それに30代の自営業など、男女合わせて7人です。

警視庁によりますと、ことし3月27日の夕方、大勢の歩行者が行き交う東京 渋谷のスクランブル交差点の真ん中に、男性が寝そべった状態のベッドを運び込んで置き、その状況を動画で撮影して歩行者の通行を妨げたとして、道路交通法違反の疑いが持たれています。

当時、歩行者側の信号は青でしたが、ベッドを撮影しようと大勢の人が集まり、通行の妨げになったということです。

7人のうちベッドに寝そべっていた20代の会社役員は、撮影した動画をネット上に投稿する「ユーチューバー」として活動していたということです。

調べに対し、7人はいずれも容疑を認め、「人の気を引くような動画を撮りたかった。このような騒ぎを起こしてしまい反省している」と話しているということです。