悠仁さまの机に刃物 学校側が警備強化し授業再開

悠仁さまの机に刃物 学校側が警備強化し授業再開
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまの学校の机に刃物が置かれていた事件を受けて休校を続けていた中学校では、警備員を増やすなど警備態勢を強化し、13日から授業を再開しました。
先月26日、東京 文京区のお茶の水女子大学附属中学校で悠仁さまの机の上に刃物が置かれているのが見つかった事件では、建造物侵入の疑いで逮捕された男は工事業者を装って校内に侵入したことがわかっています。

学校は警備態勢の確認などを行うため連休が終わったあとも休校していましたが、13日から授業を再開し、生徒たちが登校しました。悠仁さまも車に乗って登校される姿がみられました。

学校などによりますと、11日開かれた保護者向けの説明会では、警備員を増やしたことや、不審者の侵入を想定した訓練を実施したことなどを説明したということです。

学校では、さらに防犯カメラを増設したり、塀にフェンスを設置したりするほか、工事業者など外部からの訪問者の確認を厳格に行うことにしています。