競泳国際大会 200m平泳ぎ 渡辺 自身の世界記録更新ならず2位

競泳国際大会 200m平泳ぎ 渡辺 自身の世界記録更新ならず2位
競泳の国際大会「チャンピオンズシリーズ」の第2戦は12日、ハンガリーのブダペストで2日目の競技が行われ、男子200m平泳ぎに出場した渡辺一平選手は2分8秒61の2位で、自身の持つ世界記録の更新はなりませんでした。
チャンピオンズシリーズは、オリンピックのメダリストなど世界のトップ選手が出場する、国際水泳連盟がことし新設した大会で、個人の各種目の優勝者には1万ドルの賞金が贈られます。

第2戦のハンガリー大会は12日、2日目の競技が行われ、男子200m平泳ぎに出場した渡辺選手は2分8秒61のタイムで、自身の世界記録2分6秒67から2秒近く遅れ2位でした。

渡辺選手は落ち着いた泳ぎで前半を2位で折り返し、後半は伸びのある大きな泳ぎで一時トップに立ちましたが、終盤でおととしの世界選手権の金メダリスト、ロシアのアントン・チュプコフ選手に抜かれました。

優勝したチュプコフ選手は2分8秒23でした。