日本ハム 清宮 あさって2軍戦で実戦復帰 右手骨折も回復順調

日本ハム 清宮 あさって2軍戦で実戦復帰 右手骨折も回復順調
右手の骨折で戦列を離れているプロ野球 日本ハムの清宮幸太郎選手が、14日に行われる2軍の試合で指名打者として実戦に復帰することになりました。
これは日本ハムの栗山英樹監督と球団幹部が12日、札幌ドームで行われた西武戦のあとに明らかにしました。

清宮選手は、ことし3月に札幌ドームで行われたDeNAとのオープン戦で、ファウルを打ったときに右手の有こう骨を骨折し、折れた骨を取り除く手術を受けました。

その後、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で復帰に向けたリハビリを続け、順調に回復していることから、14日に鎌ケ谷市で行われるイースタンリーグのロッテ戦で実戦に復帰することになりました。

清宮選手は14日からのロッテとの3連戦に指名打者として出場する予定で、最初の試合は2打席、2戦目以降は状態を見て打席数を増やしていく方針だということです。