乳幼児にもAED 保育士が使い方学ぶ 大阪

乳幼児にもAED 保育士が使い方学ぶ 大阪
k10011913581_201905121940_201905121941.mp4
大津市で保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故をきっかけに、幼い子どもの救命処置への関心が高まる中、乳幼児に対するAEDの使い方などを学ぶ講習会が大阪市で開かれました。
これは日本赤十字社大阪府支部が大阪市内で開いたもので、保育士など33人が参加しました。

参加者たちはまず、AEDを乳幼児に使う際には胸に電気ショックを与えるパッドを子ども用の小さいものにしたり、貼る位置を大人とは変えて胸と背中に貼ったりしたほうがいいと講師から説明を受けました。

このあと、赤ちゃんの人形を使って2本の指で心臓マッサージをして口と鼻を両方覆って人工呼吸を行いました。

AEDの電源を入れ、音声の案内にしたがって2か所にパッドを貼り、電気ショックを与えるまでの手順を確認しました。

AEDは出血などが原因で心臓が止まっている場合は効果がないことが多いということですが、事故の衝撃で心臓が止まっているケースには有効で、専門家も事故現場での活用を呼びかけています。

参加した幼稚園教諭の女性は「いざという時に落ち着いて子どもの命を救えるようにしたいです」と話していました。