FC東京 久保建英が今季初ゴール決める

FC東京 久保建英が今季初ゴール決める
サッカーJ1、FC東京の17歳、久保建英選手が年齢制限のない日本代表に初選出される可能性が出てきている中で、待望の今シーズン初ゴールを決めて、チームの勝利に貢献しました。
久保選手はスペイン1部リーグの強豪、バルセロナの下部組織で13歳まで育った将来期待の逸材で、今シーズンはFC東京でレギュラーを獲得し、卓越したパスやドリブルの技術で、首位を走るチームの攻撃を引っ張ってきました。

ただ、開幕から10試合、ポストを直撃する惜しいシュートはあったもののゴールを奪えておらず、久保選手もゴールを決めることを強く意識して試合に臨んでいました。

12日にホームで行われたジュビロ磐田との試合は、終盤までチャンスが訪れない展開が続きましたが、0対0の後半39分、コーナーキックのこぼれ球に素早く反応し、鮮やかなボレーシュートで、待望の今シーズン初ゴールを決めました。これが決勝点となってFC東京は勝利しました。

試合後、久保選手は「思っていたより遅くなったが、素直に喜びたい。自分が決めて、みんなに褒めてもらってうれしい。できるだけコンパクトに蹴ろうと思ったが、思った以上にいい軌道だった」と話しました。

関係者によりますと、久保選手については、日本サッカー協会が来月、年齢制限のない日本代表に初選出する方向で調整を進めています。

初ゴールも決まってさらに勢いづく17歳、日本代表として戦う姿にますます期待が高まっています。